コラーゲン アンチエイジング通販比較.COM

コラーゲン







浅草

コラーゲンとは?

動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで
人体の約2割を構成する物質、それがコラーゲンです。

また、ゼラチンの原料はコラーゲンであり、化粧品や医薬品など様々な用途で使用されています。
アンチエイジング成分として注目されていて、
私たちの血管、筋肉、軟骨、内臓、骨、髪、爪、歯、皮膚などあらゆる部分を
サポートしてくれる私たちの強い味方です。

コラーゲンっていったい何してくれるの?

1.シワやたるみの軽減

コラーゲンは私たちの体内の細胞同士をくっつける接着剤の役割を持っています。
コラーゲンは適度な固さと適度な弾性を持ち、細胞同士の結合をしっかりとサポートします。
その結果、私たちの肌はしっかりとしたハリを保つことができ、
それは全身のシワやたるみを軽減、解消することになります。

2.骨折の予防

コラーゲンは前述のとおり適度な弾性を持っています。
骨や軟骨の中に繊維状にコラーゲンは含まれており、それらに適度な弾性を与えます。
衝撃による骨折などの予防効果が期待できます。

3.関節の痛みの軽減

軟骨の成分の約半分はコラーゲンによって構成されています。。
加齢や過剰な運動とともに擦り減ってしまった軟骨の回復にはコラーゲンが必要になってきます。
定期的な摂取によって痛みの軽減効果が期待できるでしょう。

4.新陳代謝の向上

人間の体に必要不可欠なたんぱく質であるコラーゲンを摂取することによって
全身の新陳代謝の向上が期待できます。
肌の角質層の再生サイクルがコラーゲンによって早まるため、
アンチエイジングを考える女性にとっては強い味方です。

5.毛髪の活性化

頭皮の真皮部分の活性化、正常化が毛髪の成長の大きなカギになります。
真皮が正常な状態でないと毛髪まで栄養が届かず、貧相な毛髪を産む原因になりかねません。
その真皮部分を形成するのがコラーゲンです。
コラーゲンは真皮の約7割を構成する重要な物質です。
コラーゲンの摂取によって真皮の状態を正常に保つことが毛髪の正常化には欠かせません。

コラーゲンの1日の摂取量は?

コラーゲンについては1日あたり2000〜10000mg程度が目安と言われています。
摂取しすぎた分は吸収されずに体外に出ていきますが、
常識外れた量の摂取にメリットはありません。
過剰摂取は控えるようにしましょう。

どのコラーゲン製品を使ったらいいの?

以下に各社のコラーゲン製品の概要を示しています。
値段、内容量、主成分、説明文などの
選択する際に必要となる情報は全て記載しています。
これらの情報を元に、あなた自身に1番適している製品を見つけてください。

良い製品に巡り会い、健やかな生活を送ることが出来ることを心よりお祈り申し上げます。

※このページにて紹介しているのはあくまで栄養補助食品であり、
 摂取することにより病気・疾患などの症状が治癒することを保証するものではありません。
 各販売サイトの説明などをよく熟読した上で購入・服用ください。
 宜しくお願い致します。


販売ページへ

Last Update:2014/09/25